一般社団法人ベターライフリフォーム協会

リフォーム瑕疵保険とは

一般社団法人ベターライフリフォーム協会(以下、BLR協会)では、
「もしも」に備えて、瑕疵保険への加入をお勧めしています。

リフォームしたら雨漏りが・・ お願いしていた事業者が倒産してしまったら・・

リフォーム保険に加入していれば、保険法人による現場検査後一定期間内に、工事による不具合が見つかった場合、リフォーム事業者が補修費用を負担します。  

※リフォーム事業者が負担する補修費用の一部を保険法人がサポート。
※万が一、リフォーム事業者が倒産していた場合、お施主様に直接保険金が支払われます。

安心をお届けするために・・・BLR協会 一般会員のお約束

  • 1

    BLR協会の一般会員(リフォーム事業者)はすべて住宅瑕疵担保責任保険法人に登録しています。

    ※住宅瑕疵担保責任保険法人とは、国土交通大臣に指定された5法人を指します。
    「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」第17条の規定に基づいて指定されています。

    住宅瑕疵担保責任保険法人について(国土交通省 住まいのあんしん総合支援サイト)

  • 2

    工事請負金額が300万円(税抜)以上の場合、契約締結時までにリフォーム瑕疵保険について説明し、加入の意思を必ず確認します。

リフォーム瑕疵保険3つのポイント

  • point1

    保証のためにリフォーム事業者の行う補修工事にかかる費用の一部は保険金でカバーできます。

  • point2

    保険法人より派遣される第三者の建築士により、お施主様に代わって工事のチェックができます。

    ※一部の瑕疵保険は、所定の講習を受講した一般会員による検査となるものもございます。

  • point3

    万が一、リフォーム事業者が倒産してしまった後に工事部分に不具合が起こっても、保険期間内であれば補修費用等を直接保険法人に請求・支払いを受けることができます。

保険金の支払い対象など

  • ◎保険金の支払い対象となる費用

    ①補修費用、②損害調査費用、③転居・仮住まい費用等

  • ◎保険金

    保険金支払額 =(補修費用等 ― 10万円)× 80%(※)

    (※)リフォーム事業者の倒産等の場合には、お施主様に対して支払う金額は100%となります。

  • ◎支払い対象と保険期間

    保険対象
    部分
    保険
    期間
    保険金を
    支払う場合
    事象例
    構造耐力上主要な部分 5年間 基本耐力性能を満たさない場合 建築基準法レベルの構造耐力性能を満たさない場合
    雨水の浸入を防止する部分 防水性能を満たさない場合 雨漏りが発生した場合
    上記以外のリフォーム工事実施部分 1年間 社会通念上必要とされる性能を満たさない事 配管工事後における水漏れ等

BLR限定のリフォーム工事瑕疵保証サービス

上記の住宅瑕疵担保責任保険法人の一つである住宅保証機構株式会社が、当協会の一般会員に限定して提供しているリフォーム瑕疵保険で、「住宅設備機器等の設置または交換工事及びこれに伴う内装設備工事全般」の工事に限定した保証サービスとなります。

BLRリフォーム工事瑕疵保証サービスの詳細はこちら

一般的なリフォーム瑕疵保険との比較はこちらPDF

お問合せ

一般社団法人ベターライフリフォーム協会
「BLRリフォーム工事瑕疵保証サービス サポートデスク」

お知らせ

リフォーム瑕疵保険 推進運動実施中!!2018年4月~2019年3月

推進運動に参加している121社の一般会員は、ひとりでも多くのお施主様にリフォーム瑕疵保険を知っていただくために、100万円以上の物件に対し必ず瑕疵保険の説明を行います。

推進運動を行っている一般会員一覧PDF

BLR協会でもリフォーム事業者を対象として、随時瑕疵保険の勉強会を行っています。